mayvelog fc2

創価在日が「偽咳は病気/結核/百日咳/他のせい」と宣伝していますが、では何故近所の創価在日だけが何年も咳の出る病気にかかり続けながら治さず病原菌撒き散らしてるんですかね。絵のパクリ、パクリ企業等粘着の晒しは>http://mayve.tumblr.com/

パクリネタタイトルのアニメはカルト持上げでもう2年も放映してしまいました&まだ続くパクリ上場企業の粘着

2011-01-18
パクリ盗作被害
本当に屑カルト創価在日性犯罪者の粉飾は「金を出せば世間何ざどうでもなります」を体現してますねえ。
さすがに漫画ファンからも呆れられていますが、「宣伝すれば馬鹿が買う」状況がナチス時代から延々と続いていますからどうしようもないですね。
そして悪貨が良貨を駆逐してしまってこんなのしか世間に出てきません。

2009年の記事から再掲&修正&色々追加、したら別物になってしまいました。

先ずはパクリで既に有名な漫画のアニメから。
2009/10~(11/17追加) テレビ東京・あにてれ FAIRY TAIL http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/fairytail/

補足:『FAIRY TAIL~フェアリーテイル~』 初回視聴率2.3%
創価在日マネーが注がれ続ける限り駄目駄目でも続けられるんだなあ…。

2007年にこちらが被害ブログを始めるに当たってつけたHNが「妖精」がらみなので、それをパクって付けられたタイトルの漫画です。
まあ、出版社がライバル誌の見た目とコンセプトそのまんま2番煎じ作品&被害者からのパクネタ物を平気で出すようになった講談社、放映局が数年前から創価在日に協力的になったテレビ東京なのも大きいと思われます。
その時期から同パターンのパクリネタがアニメにねじ込まれ続けています。それ言ったら全局なんですが今回はこの局に絞って。
創価在日性犯罪者はカルト思考で脳の機能に障害が出るので発想も語彙も消滅します。
内容とタイトルにこれといって関連性のない内容です。パクリがお家芸の創価在日に恥などありません。パクったもん勝ちです。

講談社の別件パク:
全ページ9割がトレスパクリだった漫画を取り上げた記事内で、同漫画誌で先にあったパクリ作品として少し触れられています
全ページのうち9割がトレパク漫画の検証サイト
喉仏のある少女が主人公の少女漫画(時々鼻の描き方がこちらの描き方パクになる)

創価在日性犯罪者の魂と血統で文字通り双子なパクリ上等韓国流のあれこれ:
<丶`д´> パクリ大国 南朝鮮 + { となりはずっと『日流熱風』 } + pakuri 韓国( ´Д`;)
陸地が繋がっていますから中国と同じなんでしょう。

先の低視聴率アニメ原作者は以前も有名漫画パクリ疑惑がネットで非常に有名で、漫画雑誌を読んでいない私もその話題を目にしたくらいです。
最初にアニメ化された作品はアニメでのキャラクターデザインを既存パクリ元から離したようで、たまにチャンネルを変えた時に見えた場面で、ん?と思う事がありましたが、原作表紙を見るまで絵をああまで真似ている事に気が付きませんでした。
が、世間ではかなりパクリで話題になっていたようです。
ワンピースとレイヴの絵が似てると思うのですが。 - 質問・相談ならMSN相談箱
それなりに上手くなるにつれ、ますます絵がそっくりになり外人にはなかなか見分けが付かない。
お茶妖精:海外の漫画ファンの疑問「フェアリーテイルはワンピースと同じ作者?」 - livedoor Blog(ブログ)
コメント欄が荒れていますが、8割方「こいつはワンピースのパクリ」と言う事で一般にも普通にパク絵としか見られていません。
いつまでも擁護コメントで粘着するのもパクラー持上げ要員の特徴です。
(参考:嘘も百回言えば本当になるby池田大作


かなり意図的に似せているなというのが解る比較画像。文字リンク先にはもっとあります
左がパクリ、右がパクラレ。
パクラレ漫画ヒロインの服とパクラー漫画ヒロイン(?よく知らん)の服などは誰が
見ても黒いと思いますが。

ft11_op21_01.gif

主人公の衣装やポーズをここまで被らせる必要もないですね。
ft01op18-20.gif ft07_op40_2.jpg

同業者パクリで叩かれると、今度はよりバレないパクリネタ探求をエスカレートさせて集団ストーカー被害者からのパクリに走る例があります。
ただ、大抵は少し前に他の商業からのパクリがバレて、あっという間にまとめサイトまで作られるような多数のパクリが発覚し、こっちの目にも付いてパク作品の中に被害者からのパクが含まれていた、というのが黄金パターンですが。
他は漫画・アニメ・ゲーム類の仄めかし被害のページ(現在ログ移転作業前なので見らません)で。
代わりにTumblrのパクラーカテゴリーで。
パクリ盗作工作に参加して各種優遇を受けてアニメ化して貰ったパターンばかりです。

集団ストーカーに参加するような元々の本人のモラルの低さのせいで、すぐバレるようなパクリを常習的に繰り返すのか、
被害者の覗き盗撮盗撮盗聴という犯罪に漬かっている内に感覚が麻痺して、すぐバレるようなパクリをしてもバレないと思い込むのか、
多分両方のタイプがいると思いますが。
集団ストーカー型パクラーの言動の様子を見ると後者の方が多い気がするんですよね。

ところで今までいくつもパクリと世間一般にまで言われているものを取り上げた場所で書き込まれる、論点のズレた擁護を色々見てみますと、何となく最後には擁護している人の発言が変なコピペやら人格障害じみた内容ばかりになって行きます。
最近別件で、数年前にパクリがバレで逃げた同人パクラーの話題を見つけたのですが、その擁護をしている人もやはりいわゆる「メンヘラ」系が多く見えました。
ただのそれは同人作品で、絵や話がお世辞にも上手いとは言えず(他の売れている同人はどちらかというと話はそこそこ上手い方だが、件の作品にはそれもない)、にも関わらず狂信者レベルのファンが付き、狂信ファンがネット上のあちこちで迷惑がられるほどの宣伝を行っていたのですが、これをやっていたのはバカルト創価在日勢なのではないかという気配が極めて濃厚です。
何せ覗き盗撮でパクったネタの得物で連続猟奇殺人をしたのが複数実在するくらいですから、バカルト脳は被害者からのパクネタ作品というだけで面白いとも思っていないものをファンを装って宣伝しまくるくらいは平気でやります。

商業・同人に関わらず、それら創価在日パクラー作品に共通するファンは、
「意味不明な上から目線(売れている・世間で広まっている作品のファンな自分が偉い思考らしい)」
「盲信(例:パクってやったんだからありがたいと思え・パクラーの方が上手いから良いんだ)」
「ほんの数年前だったりそれこそググれば数分で解るような過去の作品(情報)を知らない・触れない・調べない(例:SEEDはZのパクリ発言)」
「相手の気持ちを考えず異常な勢いで関係ない&反対意見の場所ではた迷惑かつ傍若無人な持論振り回しや宣伝をする」
「矛盾の指摘・反論をすると切れる(意味不明の日本語の崩壊した発狂文が多い)」
「異常な粘着性(前述のような、擁護コメントをいつまでも連投し続ける等)」
「反論できなくなるとその内よく解らない勝ち誇った態度で自分が偉い振りをする(例:売れているから嫉妬してるんだろ)」
等々、カルト信者特有の行動を数多くとっておりあちこちで迷惑がられている事。
掲示板ログで「宗教みたい」と口々に言われるくらい。
同じ連中が同じものを支持して同じ行動をしているのかと思う程に同じ愚痴を見るんですが…。
偉そうな御託をほざく集団ストーカー否定派の言動もこれと全く同じなのですけど厨言動マニュアルが徹底してますね。

詭弁の特徴
> 1:事実に対して仮定を持ち出す
> 2:ごくまれな反例をとりあげる
> 3:自分に有利な将来像を予想する
> 4:主観で決め付ける
> 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
> 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
> 7:陰謀であると力説する
> 8:知能障害を起こす
> 9:自分の見解を述べずに人格批判をする
> 10:ありえない解決策を図る
> 11:レッテル貼りをする
> 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
> 13:勝利宣言をする
> 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
> 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
>
> 参考:18条パターンの追加項目
> 16.全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。
>
> 追加項目:19条
> 19.権威主義におちいって話を聞かなくなる。

と、
「政治宣伝のための7 つの法則」
>  1「ネーム・コーリング」
>    攻撃対象の人物・集団・組織などに対し、憎悪や恐怖の感情に訴える
>    マイナスのレッテルを貼る(ラベリング)。
>    メディアやネットによって繰り返し流されるステレオタイプの情報により、
>    情報受信者は、徐々に対象に憎悪を深めていく。
>
>  2「華麗な言葉による普遍化」
>    飾りたてた言葉で自分たちの行為を正当化してしまう。
>    文句のつけようのない・つけずらいフレーズ・正義を強調し、共感を煽り立てる。
>
>  3「転換」
>    さまざまな権威や威光を用いて、自分たちの意見や目的や方法を正当化する、
>    正しく見せかける。
>
>  4「証言利用」
>    尊敬される・権威ある人物を使って、自分たちの意見や目的や方法が正しいことを
>    証言・後援させる。
>
>  5「平凡化」
>    自分たちの庶民性や、情報受信者と同じ立場・境遇であることを強調し、
>    安心や共感や親近感、一体感を引き出す。
>
>  6「カードスタッキング」
>    都合のいい事柄を強調し、都合が悪い事柄を矮小化したり隠蔽したりする。
>
>  7「バンドワゴン」
>    大きな楽隊が目を惹くように、その事柄が、世の中の趨勢であるかのように宣伝する。
>    情報受信者は、それに従わないことにより取り残される情緒的不安を覚え、
>    結局はその「楽隊」に同調していくことになる。

を足して割った感じですかね。

いくら教育レベルが落ちてもここまでおかしな行動を取るのがゾロゾロ出てくるとは思いたくないです。あまりに馬鹿に合わせた代物が出てきますと「舐められてる」というコメントが多く付きますのでそこまで落ちてはいないはず。
オタクは本来どちらかというと趣味への深い専門性と没頭と「自分が一番その事に精通している」という自負を特徴としますので、無闇やたらにニワカばかりを集める宣伝行動とは大分違います。(その辺がステルスマーケティングのやり方そのもの)
あー…、だからオタクを薄めてマスゴミ総出で一般人にもライトオタ向けの物を広め市場開拓するも、消費と飽きの早くなるよう衆愚化され過ぎた世間を見誤って早々に失速期に入ったわけか…ただの自爆なんでどうでもいいわ。

創価在日のカルトマネーと人海戦術粉飾の明確な数字資料として:
金と信者数にものを言わせて売り上げに下駄履かせを行うのは、年間ベストセラーのランキングを見ても明らかです。
8位以降に注目。

2010年 年間ベストセラー 総合 - TOHAN website
2010年年間ベストセラー
> 2010年年間ベストセラー
>
> 1 :日本酒(福岡県) :2010/12/03(金) 13:12:01.96 ID:CZC92QcUP BE:616720695-PLT(13
> 678) ポイント特典 (1 回発言)
>
> (1)岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメン
> ト』を読んだら」(ダイヤモンド社)
>
>  (2)山本千尋著「バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット」(幻冬舎)
>
>  (3)タニタ著「体脂肪計タニタの社員食堂」(大和書房)
>
>  (4)元宮秀介、ワンナップ編著「ポケットモンスターブラック・ホワイト 公式
> 完全ぼうけんクリアガイド」(メディアファクトリー)
>
>  (5)村上春樹著「1Q84」BOOK3(新潮社)
>
>  (6)元宮秀介、ワンナップ編著「ポケットモンスターブラック・ホワイト 公式
> イッシュ図鑑完成ガイド」(メディアファクトリー)
>
>  (7)池上彰著「伝える力」(PHP研究所)
>
>  (8)池田大作著「新・人間革命(21・22)」(聖教新聞社)
>
>  (9)大川隆法著「創造の法」(幸福の科学出版)
>
>  (10)柴田トヨ著「くじけないで」(飛鳥新社)
>
> http://sankei.jp.msn.com/culture/books/101203/bks1012031254002-n2.htm




続いて集団ストーカーネタや被害者からのパクリネタでCMを作る創価在日性犯罪企業ことクラレ。
2009/06/27作成の元ブログまとめ記事に掲載

2009/9/7追加。
企業TVコマーシャルでの仄めかしネタ。

最近、妙にアルパカのキャラクターが持て囃されています。(*この記事を再掲したのはまたパクリネタCMで粘着を再開したからです)
この会社、ついこの間まで集団ストーカー加害工作の一つをネタにしたCMを流していました。
*注意:被害者、または被害者の疑いがある人は次のリンクの動画は絶対に見ないでください。
こういったものを見ると、加害者が新たな工作材料にしてくる可能性があります。
当方何度も経験あり

内容は、被害者間で「Tシャツ攻撃」と呼ばれているものを題材にしたと見られます。

創価在日性犯罪者の手口の説明・参考サイト
具体的に言うと、変な言葉の書かれた創価在日犯罪者を被害者の周りにしきりにうろつかせるという手口。
こちらの場合ですと、通りすがりにゲヘゲヘ喚く代わりに、目の前を頭の悪いプリントを着たりアホなアイテムを持ったメタボ男がしつこく蟹歩きし続けたりします。


被害者にとって仄めかしとなる絵柄や文字がプリントされたシャツや、特定の色(もちろん被害者に関係する色)ばかりの服を着た加害者が延々と現れる、というものです。
また加害者がよくやる、わざとらしい仄めかしの連呼パターン(その場の仲間内で、仄めかしネタの単語のみをやたらと何度も言ったり、ある言葉ばかり強調する)も踏襲されているという、創価在日性犯罪者の品性がよく解る非常に被害者を馬鹿にした内容です。
集団ストーカー加害工作動画:クラレミラバケッソ

この企業、これの前のCMも加害工作的な内容のものだったようで、別の被害者の方が指摘していました。で、現在(2009年~)は動物なわけですが。
テレビには、動物と子供を出せば受けるという鉄則があるそうですけども、どうも今回の盛り上げ方は怪しいですね。
何より、企業性とCMに何ら関連が無い上、キャラクターも完璧なまでに意味不明です。
脈絡など一切無いのが創価在日性犯罪者のパクリネタねじ込みの特徴
ですがここまで来るとカルト脳が発酵しすぎて腐り落ちてるんだなあとしみじみ思います。
商品を連呼させるだけのこんなので制作費を取るのかという、見ている側も馬鹿にした内容ですし。
よくCMが意味不明過ぎて不快感まで示している人が掲示板等でいますがこのパクリCMは最たる物でしょうね。
これまでのこの企業のCM内容からして、加害工作から離れそうな気はしていませんでしたが、今までの被害者全般への侮辱方針から転換して、今回はこちら単体へピンポイントで仄めかしをやってきているようです。

で、この創価在日盗作企業のCMの元ネタとなったのがこのイラスト。
2003年10月に当時やっていたイラストサイト(ウェブアーカイブの残骸のみ)に載せたもの。
ラマ属、むしろリャマのつもりで描きました。画像ビューアで表示させているのをキャプチャした物なのは単なるこちらの事情です。
pakuri_honomekasi_20031007kurare_cm_llama.jpg
当時は同じ種の別の動物を描いたつもりでしたが自分の画力の無さもあって創価在日性犯罪者はアルパカと解釈したようです
ひたすら創価在日性犯罪者から盗ったパクリネタで仄めかしCMなんか作るくらいですから、この調子ですと、今後も加害協賛企業としてやっていくのでしょう。
(*この記事を再掲した2年後の現在も絶賛パクリネタCM垂れ流し中です)
製品になる前の素材を作っている企業ですが、製品と無いに一つ関連性の無い内容を何故ゴールデンで流すんでしょうね。
他の同様の企業は事業内容が解って尚且つ興味をそそるCMなんですが。
創価在日性犯罪パクラーは被害者からパクったネタさえねじ込めればそれでOKなので、こんなCMとしてどうしようもない内容でも仕事になるのですね。

どうもあのクラレちゃんとやらの売り込みの仕方も韓流捏造や各種仄めかし作品の宣伝と同種の動きが見られます。
この記事上部のような、カルト創価在日犯罪者が馬鹿の一つ覚えでランキングにまで教祖の本を入れているアレ。
要するに、実際には大して盛り上がってもいないのにブームを煽って乗せられ易いその他大勢を誘導している連中です。
これも創価在日性犯罪者の盗聴盗撮による盗作権利ビジネス
の展開のやり方の典型例ですね。
被害者の人生を搾取する仄めかしビジネスモデルを経営に組み込んでいるがこのような犯罪協賛企業です。

関連記事:パクリだらけオタク業界の愚痴 -mayvelog fc2
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: FAIRYTAIL
ジャンル: アニメ・コミック

tag : トレパク テレビ東京 年間ベストセラー本 粉飾 FAIRYTALE ワンピース ONEPEASE フェアリーテイル パクリ・盗作

コメント

No title

やっぱりパクリは訴えられて消されるべき

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cLloglist2

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © mayve All Rights Reserved.