mayvelog fc2

創価在日が「偽咳は病気/結核/百日咳/他のせい」と宣伝していますが、では何故近所の創価在日だけが何年も咳の出る病気にかかり続けながら治さず病原菌撒き散らしてるんですかね。絵のパクリ、パクリ企業等粘着の晒しは>http://mayve.tumblr.com/

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風が直撃ということで珍しく、防災無線放送を本当の防災用途に使っていました

2014-10-06
拡声器騒音
昨日の今日で本日も防災無線の記事更新です。

台風が直撃ということで珍しく、防災無線放送を本当の防災用途に使っていました。
確か2007年?か2009年?の深夜に暴風雨で一帯が停電した時、一度防災無線が使われていた以来の事です。
その時も雨風が強くて何を放送しているのか全く聞き取れませんでしたが。

今回も、録音ファイルでは肝心の土砂災害警戒区域の地名の部分がほとんど聞き取れません(2番目のファイル)が、避難指示が出ていたのは別の地域が対象のようです。
午前10時に避難指示放送して昼にはもう晴れてたので何だかなと。

20141006084432_805_0559sp_machidasi-bousaimusen_typhoon_dosyasaigai_warn1.mp3

20141006103644_805_0560sp_machidasi-bousaimusen_typhoon_dosyasaigai_warn2hinankankoku.mp3

20141006123626_805_0561sp_machidasi-bousaimusen_typhoon_dosyasaigai_safe1.mp3

20141006140528_805_0562sp_machidasi-bousaimusen_typhoon_dosyasaigai_safe2.mp3

この団地、周囲地域より大分高い位置にありまして、団地の出入りに使う道は漏れなく坂道です。
昔自分で回ってみて確認しましたし、雪が降る度に坂道を登れず力尽きた車が坂の途中で累々として、昼頃まで半分陸の孤島と化します。
それと、災害時の避難先として学校が指定されているのですが、校門が微妙な坂の途中にあるのばかりです。
なので下手に台風の最中なんかに避難所に移動しろと支持されて団地から出ようとしますと、強風で煽られ大量の雨水で滑って転んで逆に危険になるのではと考えたりするわけです。
高台なので雨には強い方の地形だと思います。

まあ防災時の規定で全市内に放送を流す義務があるのでしょうが、もしこの放送を聞いていた耳の遠い老人が、自分のいる地域に避難指示が出たと勘違いして迂闊に外に出たりすると、かえって危険だと思いました。
今回も強風に煽られて転倒して怪我人が出ていますし。

個人的にも昔問い合わせした時の防災課の偽咳職員は忘れていませんよ。
昨日の記事で言及した、静かな街を考える会会誌のインタビューで、本当に必要な防災用途なら認めなくもないという内容がありましたので、それの当て付け的な気配も感じなくはないのですがね…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 地方行政と政治
ジャンル: 政治・経済

tag : 拡声器騒音 防災無線 土砂災害 避難指示 町田市防災課

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cLloglist2

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © mayve All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。