mayvelog fc2

創価在日が「偽咳は病気/結核/百日咳/他のせい」と宣伝していますが、では何故近所の創価在日だけが何年も咳の出る病気にかかり続けながら治さず病原菌撒き散らしてるんですかね。絵のパクリ、パクリ企業等粘着の晒しは>http://mayve.tumblr.com/

昨日の分の偽咳回数を稼ぐべく今日も偽咳に励む隣垢豚嫁&富士ドライ66デシベル騒音を記録

2012-07-05
隣創価akazawa豚家

●2012/07/05:
20120705113922-191143akazawa-butayomebaba_gehe_velanda_1day_x6over_with_sp.mp3
昨日は偽咳をほとんどやらなかったからか、それともこちらが思わぬ景品当選した事への悔しいニダ火病なのか、隣垢豚嫁婆は今日1日必死でエヘゲヘ言っています。
後半、もう何年か来ている今現在も一体何屋なのか解らないオルゴール音を鳴らず業者が来ると、同時に隣垢豚も調子に乗って更にブヘウヘ言っています。
本日も隣垢豚だけが偽咳をしているようです。

このオルゴール流し業者の補足をしておきますと、恐らくこれもクリーニングかもしれない、という感じです。灯油と違って年がら年中来るのって多分これくらいじゃないかという理由です。
何時からか定かではないのですがが多分10年以上前から?大体夜6~7時頃に来ています。
2008~2010年頃の拡声器騒音業者大行列状態の頃、ここも一時テレビの音を妨害する程に音量を上げていましたが、今日のは多少落ち着いている様子です。ちょくちょく凄い音量の時がありますが。
オルゴール音は非常に短めで延々としつこく流していないし(向かい棟の下に着くとすぐに切る)、グダグダした余計な声で騒音を増していないため、富士ドライ含む他の拡声器騒音業者類よりは耳障りではないのでこれまでブログでは取り上げていません。

それと、本日は富士ドライが66デシベルオーバーしているのを確認し、撮影しました。
やっぱり窓を少し開けるとこの音量ですねえ…。やっと騒音計買って計ったら改めてロクでもない。
20120705135418-140048sp_fujidry_window-open5cm62dB_over.mp3
20120705140104CIMG8243sp_fujidry_window-open5cm66dBover.jpg
画像は瞬間最高値のキャプチャです。今日はなかなか50デシベルから落ちませんでした。55~58デシベルくらいが結構多い…。平均すると50デシベル超えてるんじゃないでしょうか。
窓際とは言え、最上階で、道との間に駐車場と芝生スペースがありますので、結構距離は開いています。
東京都の住宅街での音量の基準は55デシベルです。団地内は普通に1車線ですし、道幅も軽自動車すらすれ違うには片方が寄せて停止しても擦りそうな幅ですから4mあるかないかでしょう。
騒音に係る環境基準|東京都環境局 大気・騒音・振動・悪臭対策
拡声器に対する規制|東京都環境局?大気・騒音・振動・悪臭対策
今日のファイル使って各所にやってみます。

●偽咳ファイル回数比較用過去記事リンク

2008年頃の近所の創価在日犯罪者たちの騒音粘着工作と現在の騒音粘着工作の違いを、簡易まとめ記事とファイル再掲で比較した記事

隣垢澤W豚爺嫁のベランダ偽咳喚き記事一覧
騒音隣家へのしっぺ返し・耄碌爺が意識不明で元旦から救急お泊り会
脳内出血ダイエットした下豚婆に続き、日頃創価在日粘着犯罪をやりまくっていた反動で2012年の元旦から発作起こしてました。

こちらに対しては創価在日が主体となって粘着してきているという証明の補強に、旧ブログで公開していた、駐車場で「一家3~4人で車の乗り降り時にドアを最低5回、酷いと10回はしつこく叩きつけて開け閉めする」「やっぱり車の乗り降り時に偽咳喚きをする」という具合に騒音を立てる係の一家が、2009年の正月に三色旗を持って、その時だけいつもほど騒ぐことなく帰って行った時の偶然撮れた写真を再掲しておきます。いつもは必要以上に騒ぎまくって被害者へ粘着してきますが、創価在日犯罪者にとって知られたくない場合だけは静かです。
この家、向かい棟の更に向こうにある棟に住んでいますが、そっち棟の真下にも駐車場があるのに空きができてもそこを申し込まず、わざわざ遠い我が家真下の位置の駐車場に申し込んでいます。
当然、車乗り降り時に騒音を出す工作のためでしょう。
20090106131852cimg4450souka3syokuki.jpg

旧ブログの過去記事で特に隣垢豚嫁婆の異常な粘着性がよく解るファイルと内容がありましたので、1つだけmp3ファイルを再アップして補足説明コメントもここに抽出しておきます。騒音は起こった時間別に無音で区切りが入っていますが、隣垢澤豚嫁婆が執拗に偽咳喚きをしている後半部分はノーカットです。
ファイル後半は異常にわざとらしく、無理矢理偽咳を搾り出しているのがよく解るやり方をしています。普段はあの豚体型で妙に甲高いカマトト声を出していますが、こちらの「ウゲェゲヘ!!」と喚く汚い声が本来の声音だとよく解るファイルです。

「20080805wedityu-efo-eho_toori.mp3」をダウンロード
咳は、そのままです。これだけ執拗で大げさなのは初めてでしたが。
普段は、これの短いのを毎日です。
ただし、録音データによると、毎日になったのは6月の末からでした。それまでは、数日に一度くらいでした。
との事ですので、隣豚嫁が図に乗ってゲヘゲヘ喚き出したのは2008年後半からのようです。
窓叩き付け閉め轟音も防音窓にしてからの方が回数が増えています。古い窓はサッシの車が引っかかってやりにくかったのかも。今はほとんど力を入れずにスルスル動かせるので、調子に乗って力の限り叩き付けています。何度も書きますが、今の防音窓はほとんど力を入れずに開け閉めできますので創価在日隣垢澤豚のように力いっぱい叩き付けて閉める必要は全くありません。
それと、旧ブログの過去ログを眺めていて解ったのは、2008~2009年頃は偽咳を毎日やってはいても、現在のように24時間延々とずっとウヘエヘゲヘブヘ言っていたわけではないという事です。
被害表面化初期は、こちらがブログを書く、録音ファイルを整理するなどのPC作業を始めたり、向かい伊藤豚家から盗撮され易い部屋に移動して食事を始めた時など、特定のタイミングばかりで偽咳喚きをしていました。
今の、昼夜構わず隣豚がブヒブヘ言い続けている状態とはかなり違います。
再掲分を今見直すと、向かい横領ゴミ門の吐き声を伊藤豚と思っていた頃の内容がありますね。やっぱりこの年はまだ今ほど長期間&長時間続いていなかったようで、ファイルも少ないです。
また、2009年頃までは創価在日犯罪者たちが喚くのは偽咳ではなく、何故か「クシャミの振り」が非常に多いです。それが今ではクシャミなんて滅多に聴こえず週にせいぜい1~2回くらい、それ以外はただひたすら創価在日犯罪者の偽咳喚きばかりです。

どこぞの将軍様はこいつらの全しっぺ返しフルに喰らって寿命尽きたんじゃなかろうかという予感…。今までの反動リスト見ると、末端はそれなりに、創価在日犯罪を支援している所にはかなり重点的に反動が行っているような感じがするのですが。

玄関扉を使った隣家からの騒音・改   akazawa-face_gesu-buta2mask.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 新興宗教・カルト・その他アングラ
ジャンル: 政治・経済

tag : 隣創価在日akazawa ベランダ偽咳喚き 拡声器騒音 富士ドライ 騒音測定

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cLloglist2

Powered by FC2 Blog

Copyright © mayve All Rights Reserved.