mayvelog fc2

創価在日が「偽咳は病気/結核/百日咳/他のせい」と宣伝していますが、では何故近所の創価在日だけが何年も咳の出る病気にかかり続けながら治さず病原菌撒き散らしてるんですかね。絵のパクリ、パクリ企業等粘着の晒しは>http://mayve.tumblr.com/

この日の拡声器騒音(1/2)大き目のテレビの音がかき消される程の爆音の創価在日拡声器騒音性犯罪業焼き芋屋が真下に来襲

2010-12-23
拡声器騒音

この拡声器騒音業者の後に行われた団地管理組合の防災無線放送連呼はこちら

拡声器騒音について事前に目を通して欲しいサイトや記事:
静かな街を考える会
防災無線放送のログもあります→拡声器騒音被害の掲示板などのログ集
移転前2010/11/26までの公開済み拡声器騒音記録まとめ

2010/12/22&23:
22日分・20101222090734-090926sp_innkiotokovoice24soundonly.mp3
また創価在日拡声器騒音性犯罪業者の派遣が始まりました。
21日にも定期騒音業者の他に1台来ていました。
防音窓越しなので音は小さく聴こえますが、窓を少しでも開ければ↓の防音窓が無意味なくらい大爆音の粘着在日焼き芋屋と同じ音量です。
23日分・20101223140034-140902sp_yakiimo_see-video_under-biggest10min_with_fujidry.mp3
家族と録画した番組を見ていると、案の定異常大爆音の焼き芋屋が真下まで徘徊しに来ました。
ファイルを必ず聞いて貰いたいです。
家族と録画したものをテレビの音を大きめにして観ていたのですが、航空機騒音対策用の防音窓をきっちり閉め切っていてもテレビの音と同じ音量です。
後半は定期騒音業者です。ほぼ同じ時間にこうして創価在日拡声器騒音性犯罪業者は示し合わせて真下に来ます。今まで公開してきた拡声器騒音業者のファイルも、複数の業者が徘徊している音が数十個あります。
そのまま真下に来たのですが、ナンバーを撮影しに離れる事ができなかったので、この記事後半に同じ焼き芋屋が私の風呂の最中に風呂場の真下で騒音粘着をしに来た時の録音ファイルを再掲しておきます。
で、この記事を書いている最中に更に藤の台管理組合の爆音拡声器騒音も来ました。創価在日連中はかなり発狂喜しているようです。
これの粘着ももうすぐ4年目に入ります。
20101223144406DS501036sp_yakiimo_after24nentyaku3gaiku.mp3
1時間後に隣地区でまだ粘着徘徊していた焼芋。100m離れて更に建物の反対側の室内でこの音です。



騒音粘着をするためだけに風呂場真下の道を間抜け音楽を垂れ流しながら通る焼き芋屋。
音楽を一通り流すと今日の↑の大爆音に切り替えます。
問題の風呂へ騒音粘着してきた時のファイル

2010/10/2:
20101002142631ds501746bt_spyakiimo_with_manukemusic_under2min.mp3
先ず、朝の9時過ぎから、下の街道を騒音を鳴らしながら、意味も無く自宅真下の位置で数分間停車。
最初は変な音楽ですが、途中から焼き芋に変わり、変な音楽と一緒に芋~とわけの解らない内容を流しています。
これは去年10月~4月までほぼ毎日粘着していた創価在日焼き芋屋も同じで、自宅下の位置を通る際に必ず騒音テープを流しながら通り過ぎます。
何度か書いてきましたが、粘着焼き芋屋が騒音を流すためだけに通る下の街道は、団地の真ん中を数メートル掘り下げた壁に挟まれている道で細い歩道しかなく、車の往来はかなりありますが滅多に人は通っていない道です。
こんな道を焼き焼き言いながら走っても誰も呼び止めるわけはなく、単なる被害者に向けた騒音加害工作である事は明白です。

そして、私が風呂に入ると、やっぱりこの創価在日焼き芋屋が十数分後に、朝来た街道にやって来て、風呂場の真下の位置に数分間停車して騒音を鳴らしました。
同じ変な音楽から焼き芋になり、更に違うへんな音楽に変わりますが、前のファイルと同じですので、創価在日焼き芋屋なのは確かです。

これと同じ創価在日焼き芋屋は今年初めて騒音粘着に来ています。先週初めて家の真下で騒音を鳴らしに来た記事はこちら。>プロパクラー暴露記事の準備に逆切れ、都合が悪い時の定番で拡声器騒音業者を増やす
ちなみに、去年は10月~4月という6ヶ月間も、ほぼ毎日下の街道を騒音を流しながら通り続けていましたが、不思議な事に風呂の最中や直後にやってくることは1度もありませんでした。
しかし、今年は他の創価在日拡声器騒音性犯罪業者と同じように、しかも9月後半に入ってから毎回必ず風呂に入るとこれら創価在日拡声器騒音性犯罪業者が風呂場の真下で騒音をがなり立てています。
他の創価在日拡声器騒音性犯罪業者と完全に連携している事からも、トイレ風呂を盗聴監視して1年半で100回近く騒音粘着に来ていた下406号室からの連絡で、私が風呂に入ると騒音を垂れ流しにやって来ています。
2006年の冬までは、1シーズンに数回しか聴こえて来なかったので、私も風呂の度に粘着してくるような創価犯罪者だとは認識していませんでした。
なのでなにも知らずに付きまとい騒音被害が表面化する直前の2006年に家族が騒音焼き芋屋から買ってきた事がありました。
が、家族が買わされた焼き芋は、スーパーで袋入り5本200~300円前後で売っているような小さな芋で、芯が残って不味い上、おまけに1本800円もしたという代物でした。
全くもって家族の間では高い勉強代だったという認識です。

焼き芋のぼったくりについても、拡声器騒音被害掲示板ログ保存用ブログの方にいくつか出ています。


拡声器騒音業者に迷惑しているのだったら、通報して苦情件数を上げて行きましょう。
騒音だけで自治体の規制条例違反です。
また、スピーカーで徘徊している業者が、その地域の営業許可を持っている事はありません。

YouTube - (ミラー)廃品回収車に110番通報をするお手本動画

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 新興宗教・カルト・その他アングラ
ジャンル: 政治・経済

tag : 拡声器騒音 焼き芋 盗聴 覗き 風呂トイレへの騒音粘着 創価在日性犯罪者

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cLloglist2

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © mayve All Rights Reserved.