mayvelog fc2

創価在日が「偽咳は病気/結核/百日咳/他のせい」と宣伝していますが、では何故近所の創価在日だけが何年も咳の出る病気にかかり続けながら治さず病原菌撒き散らしてるんですかね。絵のパクリ、パクリ企業等粘着の晒しは>http://mayve.tumblr.com/

否定派のカリスマ自称探偵の盗聴屋が不正SEOで検索結果順位を上げてる気配が濃厚なのと、朝鮮人でないと思いつかない不自然な発想の例えで被害者を侮辱していた件

2012-05-12
カルト協力企業
■ 何十倍もアクセス数とPVのある、他の集団ストーカー被害者ブロガーや被害者サイトに混じって、何故か必ずトップページにいる不自然さ

詳しい突っ込みどころ文は既に書いてあります

SEO調査ツールで見てみてもアクセス数は1桁。
ページ全体のスクリーンショットで縦に物凄く長いです。5870pxありますのでPCなら見られるでしょうがメモリのあまりない環境の人は難しいです…。
20120511-044840httpwwwjohoguardcom_SEO_kaiseki_soukajohog.png


被リンク調査。

エキサイトカテゴリ1件のみ。
20120511-052235_link-httpwwwjohoguardcom_Googlesearch.png
20120511-050333_link-httpwwwjohoguardcomssk_Googlesearch.png
被害者叩き専用ページは被リンク0件

被害者のサイトやブログが今では100件くらいありそうなのに、お互いにリンクしている被害者も多くて、何十人かのブログにリンクされている被害ブログもあるのに、それらより上なんですか。へー…。
カテゴリ登録ってそんなに強力なんですかね…。Google検索結果で見たのなんてこれが久し振りですよ。

否定派のメッカであるこのサイトですらこんな有様ですから、他の加害工作用印象操作サイトのアクセス数や被リンク数も似たようなものだと思われます。

そしてこの、集団ストーカー否定派のカリスマ自称探偵盗聴屋が不自然な発想で被害者に対して変な例えで侮辱していたのには、(在日)朝鮮人でないと思いつきもしない理由があった様子

リンク先に変な例えをしたがった理由の画像。動物虐待の画像で非常に残酷ですの苦手な方は注意してください
↑の画像と下に付けた補足コメントをなるべく見るか、「韓国 抗議 キジ」で検索して何が行われているか理解してから以下をご覧ください。

自称探偵盗聴屋盗聴屋が在日朝鮮人の発想で一般的には思いつかない雉に被害者を例えていた証拠キャプチャ
被害者どころかほとんどの人に馴染みのない鳥キジを、どこかの動物番組でやっていた面白動物実験に無理やりな感じで当てはめるという、妙な記事をアップする工作業者。
雉に鏡を見せて実験していた動物番組があった覚えはなく、昔放映されたものにもあればどこかで誰かの話にのぼっていそうだが、検索しても現在まで特にそれらしい話題は見当たらない。

自称探偵盗聴屋が在日朝鮮人らしくこちらに対してセクハラ侮辱していたキャプチャ
その後、こちらがブログ検索を利用している風なのをチラッと一言だけブログで触れると、こちらへのパクリ仄めかしや遠まわしな侮辱としか取れない記事を頻繁に書くようになります。
記事にする大分前からブログ検索を利用していて、こいつのブログもしょっちゅう目にして上から目線具合が物凄いのは加害者だからかだなとは思っていましたが、こちらが利用を表明するまで特に個人的に関係のありそうな単語や内容がこの創価在日ブログの見出しに載ることはありませんでした。
会社でも店でもコミュニティでも、それまで普通に利用したり過ごせていたのが、創価在日が嗅ぎ付けて粘着ストーキング工作の場にされてしまい瞬く間に利用価値がなくなってしまう、犯罪者に占拠されて居られなくなってしまうという現象は被害者なら必ず経験します。

集スト被害が始まって以降、旅行先でも必ず異常な頻度で偽咳喚きをする創価在日に付きまとわれる被害記録の動画

最近は被害者へやるのと全く同じ態度を一般利用客にもやって「嫌なら来るな見るな買うな」と言った結果、購読者数減ったから自分らには消費税免除しろとか視聴料強制にしろとかダウンロードできなくすれば売れるに違いないニダとか韓流利益薄いからもっとゴリ押ししろニダとか色々なのが喚き出したりしていますけどね。

彼の日頃の被害者への態度や言動、漏らした断片的な情報、書いている内容から持って行きたい誘導方向を色々総合すると、

いじめ(・A・)イクナイ!!って言っておくといじめられっこ親子が釣れて商売に有利だから書いている。
でも集スト被害者はトーゴーシッチョーショーでビョーキのセーシンショーガイシャだから良識ある健常者の我々がいじめて叩きまくって追い込もう(それが本当の仕事だし)
もちろん、女性だろうとイジョーシャだから、彼女が長期間ストーカーにされている嫌がらせに対して揚げ足を取って、医者じゃないけど分析ごっこをして、良識ぶった中年エロ親父目線で欲求不満な僕の内面を相手に勝手に投影してなすりつけて一方的に決め付けてセクハラのやり方で侮辱したって何にも問題ない。僕は男でしかも年上なんだからイジョーシャ女なんてセクハラで馬鹿にして当然。性犯罪なんて祖国じゃ当たり前だから問題ないし、むしろ日本人の女になら推奨。
しかも彼女よくブログ検索してるって書いてるから、僕のブログを見に来なくても健常者様にイジョーシャが馬鹿にされてるって解るよう、記事のタイトルと最初の段落に書いて彼女のすぐ後に更新すればブログ検索ですぐに出てきて一目瞭然だし、女を追いかけて容赦なく叩きのめす僕の男らしさを見せ付けられるよね。
相手が嫌がっているストーカーと同じやり方で自然に嫌がらせをできる僕って凄い(本業で普段からやっているから)
こっちは金と数で圧倒的に勝るから何やっても正義。
カルトマネーとカルトコネで本を出してそれが更に僕らのお小遣いになるんだからウハウハ。本のレビューとか被害者連中を貶めるための僕らのサイトの紹介とかステルスマーケティングで騙せてチョロイ。
集スト被害者の振りをしながら犯罪や事件の自作自演をして、印象操作して僕らの一員マスゴミぐるみで世間に被害者叩きの風潮と偏見を一旦広めれば、騙された非被害者が勝手に被害者叩きに励んでくれるから僕らの手を汚さずに他人の人生をいくらでもメチャクチャにできる上、僕らが間接的に潰させた奴らに同情するフリをすると更に考えられない馬鹿が騙されて永遠にループできてカルトマンセー大勝利。

らしい。

この記事内で自称探偵盗聴屋のサイト名やURLを書かないのは、どうも被害者サイトがこの創価在日のサイトに言及することによって、皮肉にもこいつのサイトの検索順位アップに貢献してしまっているからです。
こいつのサイトのURLでググっても、出てくるのはほぼ間違いなく、これを名指しで非難している被害者のサイトと集団ストーカーの話題の掲示板にコピペされたものばかりです。
SEO調査ツールでの結果の通り、こいつのサイトは本来ならほとんどアクセス数もなく、現在このサイトに言及している内、稼動しているのは被害者の記事と昔のコピペからのリンクで、スパムリンクも多分あまりやっていないようです。
それでも検索結果上位にいられるのは、被害者記事とコピペ群だけで十分アクセスアップになっていると判断しているのでしょう。
無論、表向きでです。元々相当存在そのものが世界のスパムな連中ですから第三者が使える程度の無料のSEO調査ツールでは検出しにくい手口を使っている可能性があります。
スパムサイトを検索結果から少しでも外すためのGoogle検索のアルゴリズム変更と、対策を潜り抜けるために色々やっているスパム業者の話は現在進行形です。

私の記事もスパム業者に利用されたことが何度かあります。スパムが利用しているサーバー、検索エンジン、ISP、ドメイン代行業者などへの通報でスパムは除外されたようです。
以前検索であちこち回っていて思ったのですが、集団ストーカー被害サイトの記事はスパム業者に勝手に収集されて使われ易い傾向にあるようです。
元々成りすましの偽被害者が多いことと関係があると思われます。
スパムというのはとにかく量産してなんぼですから、電磁波とか盗聴とか監視とかそれっぽいキーワードを適当に並べてプログラムで電波文を仕立てておけば「いかにも創価在日犯罪者好みの統合失調症で精神異常者的な、犯罪者側に理想的なモデル被害者の書いた文章」がいくらでもでっち上げられます。スクリプトの自動文やキーワード並べ立てはスパム業者の基本中の基本です。
ところで、ネットに存在するブログの数は日本語圏が最も多いというデータがあります。日本語のブログもかなりの割合が当然スパムです。
まだ検索で自動生成スパムブログがかなり引っかかっていた数年前、集ストと関係ない単なる商品のキーワードでも、検索結果に混じっているスパムサイトには必ず被害者サイトから拾ってきたとしか思えない内容が入っていました。私のブログからのもごくまれにありました。
まだまとめサイトも広まっていなかったわけですから、普通は集スト被害者のブログなんて知る機会もなかった人が大多数です。それなのに数多のスパムサイトは被害者サイトをキーワードを拾うためのクロール対象から絶対に外す事はありませんでした。
妙な話ですね。
そして、スパム作成業者はほとんどが中国と韓国です。
私の一部ブログ記事の無断転載をしていたドメインをWhois検索して出てきた結果、契約者が中国人だった事があります。これを書くと必ず加害者は中国人だけだ!という話に持って行こうとする靖国放火犯タイプが出ますが、こちらへの粘着工作には在日朝鮮人層の大変厚いマスゴミ業界と廃品回収業と創価が年がら年中関わっていますので、個人的には加害者は圧倒的にカルト創価と在日韓国人かと。

余談ですが、2000年代前半まで、ある被害者が手動でネット中のあちこちの掲示板とコメント欄に自分のサイトURLを絨毯爆撃して宣伝スパムをしていたという事がありまして、その人が書き込んだのかスパムサイトがその人の書き込みを拾ったのかよく解らないサイトが一時期大量に出てきて何がなんだかといった状態でしたが、驚異的な件数ながらどうも本当に手動だったのか、完全自動のスパムサイトにその内に数が負けてしまっていました…。今はどうしているのでしょうか。

創価在日マスゴミの全面加担や、情報誘導サイトいわゆるステルスマーケティング、スパム業者を使った荒らしが十分に通用してしまうというのが、日本での集スト被害が世間に行き渡りすぎてどうしようもなくなって、非被害者や加害者自身まで巻き込んで全てを悪化させ続けている現状の行く末を示していると思います。
海外経験のある他被害者の話でも、集ストが日本では特に悪質で陰湿である事はよく言われています。
英語圏ではGang Stalkingで検索すると被害者団体サイトがトップに出てきて工作サイトなんかよりも圧倒的に目立っていますし、一部では報道もされているのですが、日本では国民性からか、スパム特アの影響が強すぎるからか、この分野でも非常に遅れているという事でしょう。

最後に、この記事を見た被害者の方で、もし以前の記事やブックマークでこの工作サイトにリンクしてしまっているなら、なるべく外してください。
テキストでURLを書いたのや、HTMLタグのAlt=""やTitle=""内に書かれた内容もある程度左右するそうなので(不正業者に利用される事も多かったとかで妙な事をしているとスパム判定され易いという話です。ごく普通にリンク先の説明を入れるくらいならスパム扱いにはされないでしょうが)、一部を変えてみるとか、この記事のように加害者である事を示す言い方に変えてみるとかしてみてください。手間がかかると思いますが。
加害者サイトが被害者への印象操作のためにいまだ多数検索結果上位にいます。
現在では被害者サイトの数も随分増えていますので、本当の被害者同士のリンクでもかなりこうした工作用サイトを抑えられる可能性がほんの少しながら出てきています。
この創価在日の工作サイトも、数年前に比べると順位は落ちた方です。全くトップページ1位から動かなかったのですから。
時間はかかっても以前よりは微妙に状況に変化が見えていますので、もう一踏ん張りすればまた何かあるかもしれません。

この記事を書くことによって、またこの創価在日工作サイトや他の工作員たちが何かするでしょうが、このまま放置して良い問題でもないと思いますのであえて書きました。

久し振りにそれなりの長さの記事を連続で書いたのであまりまとまりがないと思います。ただ下書きで置いておいても工作に使われるか対策されるだけなので早く公開しようと思います。

2014/11/03追記:
大分前の記事ですが、その後色々情報を集めている内に不審点というか更なる矛盾点が出てきたので、その辺をTwitterに書いていました。
概ねの内容は既にツイートしてありますので、そのツイートを再掲載しておきます。



















参考:




在日本朝鮮人連盟 - Wikipedia (左派思想/民団と総連の先祖)
在日朝鮮統一民主戦線 - Wikipedia
(左派路線維持)
在日本大韓民国民団 - Wikipedia
(韓国民団)
在日本朝鮮人総聯合会 - Wikipedia
(朝鮮総連)



在日朝鮮人と在日韓国人とニューカマー在日コリアンと : 在日朝鮮人の戯言
外事警察24時 : 在日朝鮮人の戯言
外事警察24時 第二章/日韓死闘篇 : 在日朝鮮人の戯言



参考:
有田芳生「民団と総連の幹部を兼務してる方たちと懇談」とツイート→慌てて削除(2ch)何故削除した? 木卯正一
>民主党・有田芳生議員 @aritayoshifu 2012年2月11日-0:17
>板橋区大山で民団、朝鮮総連の幹部たちと懇談。
>日本籍→朝鮮籍→韓国籍で、いまも総連の幹部。
>高校時代は熱心な総連の活動家で、いまは民団幹部。
>民団幹部にして同時に総連支持団体の幹部などなど。民族は同じ。
>いや日本人として頑張らねばと内心で思う。

aritayosifu_korean_souren-mindan.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: SEO対策
ジャンル: コンピュータ

tag : 情報ガード 創価 在日 SEO不正 不正 不審点 犯罪者 加害者

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cLloglist2

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © mayve All Rights Reserved.